半返しが一般的であること

内祝い

一般的に、結婚や出産といったおめでたい事でお祝いを頂いた場合、内祝いは半返しが基本とされています。半返しというのは、お祝いで頂いた品の半分程度の金額をお返しするのが常識であるとされ、日本国内では広くその常識が共有されているのです。デパートや通販サイトでは金額に合わせた内祝いを用意していて、商品も多種多様なものを用意しています。通販サイトの場合、まとめて購入することができ、自宅にいながら商品を選ぶことができるとあって、時間がない人たちの間でも評判を集めているサービスです。お祝いの件数が多くなると選ぶのも大変なので、金額だけはメモをしておいて通販サイトでまとめて購入するという方法が便利なサービスなのです。しかも、注文時に指定しておけば水引ののしを付けることができ、名前を入れることができるサービスもあります。表書きは内祝いと指定をすることができるのです。

相手のことを考えて贈り物を選ぶ

内祝い

内祝いは、お祝いを頂いた相手に合わせて選ぶことが好ましいです。例えば、職場の人達からはまとめてお祝いをいただくことは珍しいことではありません。そのため、あまり高価なものをお返しすることは、逆に相手にとって負担になってしまうことがあります。そこで、調味料や焼き菓子の小さなセットを包んで職場で配れば、気持ちばかりのお返しになります。金額的にも一人あたり1000円から2000円程度で十分なので、デパートの食料品売場などで見繕うと良いかも知れません。上司や目上の人に対して内祝いのお返しをする場合には、評判の良いものや知名度の高いものを贈ればハズレがなくて評価にもつながるのでおすすめです。ブランドやメーカーに対する確かな評判があれば、受け取った相手も困ることはありません。安心して贈ることができる老舗の商品は、上司や目上の人に対する内祝いにおすすめです。また、親しい友人や気心がしれた近しい人に対する内祝いは、家族構成や好み、そして、ライフスタイルに合わせて送ることができればハズレがなく、喜んでもらうことができます。普段はなかなか手が出ないような紅茶セットは、定番かつ喜ばれる商品の一つです。上質なタオルなどはいくらあっても困ることはないので、家族が多い家庭であれば喜ばれることでしょう。このように、内祝いを贈る場合は相手の年齢や家族構成、そして自分との関係を考慮して贈り物を選ぶことが好ましいと考えられています。

ギフト専門店 ギフトマン

挙式費用の節約にピッタリ☆引き出物が割引価格で購入できる♪